予防

002

シンクロタイプやフロイドローズ等の、
ブリッジにトレモロスプリングが用いられている
楽器を弦交換等で弦を外しておく際には、
ブリッジ下とボディの間にクロス等を挟んでおきましょう。

弦の張力が加わっていないと、
トレモロスプリングの引っ張る力のみがブリッジ、
それに伴いボディ等に加わる事になります。
これにより塗装にダメージが生じてしまったり、
スタッドとブリッジが不適切な接触をしてしまい、
接触部の損耗やアンカー浮きの原因にもなる為、注意が必要です。

大久保