リプレイスメントパーツのススメ!第51回「ORIGINAL TL PLATE #2」

みなさんこんにちは!

①

今回ご紹介させて頂くパーツは、
ALL PARTSよりラインナップされている
「ORIGINAL TL PLATE #2」というパーツです。

②

以前のコラムでは同じくALL PARTSより販売されている
「ORIGINAL TL PLATE #1」という
マスターボリュームの位置を変更した
テレキャスター用のコントロールプレートを
ご紹介させて頂きましたが、
今回の#2ではレバースイッチをトグルスイッチ仕様へと
変更する為のプレートになります。

③

上記画像がお馴染みの通常のテレキャスコントロールですね。
他の所有ギター等でトグルスイッチでの操作の方が慣れており、
弦と並行に並んでいるレバースイッチでは
素早いスイッチ操作が行い辛いと感じる方や、
演奏時にスイッチ自体が邪魔に感じられミニトグル等の背の低い
スイッチへと交換したい場合等が今回のプレートが役立つでしょう。
他にも、2ボリューム仕様へと合わせて組み直す事で、
スイッチング奏法を行える様にも出来ますね。

5

穴のサイズはスイッチ部が直径約11.9mm、
ポット側が直径約9.5mmとなっており、
国産のポットももちろん使用可能な他、
CTS等のいわゆるインチサイズのパーツに
対応したサイズとなっております。
スイッチ部に関しても国産タイプのトグルスイッチや、
SwitchCraftのショートタイプのトグルスイッチ
ミニトグルスイッチ等といった一般的に
ギターに用いられている物の多くが選択可能です。

5
SwichCraft

6
ミニトグル

木工部の形状・サイズにもよりますが、
トグルタイプのスイッチの場合角度もある程度は修正可能な為、
自身が構えた際に最も動かしやすい角度に調整すると
より操作性を高める事が可能です。

また、ミニトグルに関してはボリューム・トーンノブよりも背が低い為、
プレートの左右を入れ替えてレバースイッチを遠ざける改造よりも
コントロール部が邪魔になり辛い事に加えて、
演奏中の手元からスイッチまでの距離を近く保てるので、
「レバースイッチだと邪魔だったけどスイッチ操作は多様する」
といった方には特にお勧めです。
大久保