向き

1

弦を外すとボディに固定されなくなる様な
Tune-O-Matic(T.O.M)タイプ等のブリッジでは、
弦を交換後にブリッジの向きが逆転しないよう気を付けましょう。
調整等ご依頼頂いた際にチェックしてみると、
逆になったまま使用されている楽器が意外と多いです。

サドルの位置や弦溝の幅や切られた角度・深さ等、
全てが変わってしまう事により弦高やオクターブ、
適正な弦の振幅等が大きく狂ってしまう事になります。
上記画像のフルアコタイプの台座部分についても同様です。

取り外した際に向きが分からなくなってしまった場合は
基本的にはサドルの弦溝が太い(大きい)方を
6弦側にしてセットすれば問題ないでしょう。
※比較的廉価なブリッジでは全ての弦溝が同じ形状・サイズの物もあります。

また、T.O.Mタイプに関して言えば
伝統・基本に従って組み込まれていれば
ABR-1タイプではオクターブ調整ビスがネック側、
ナッシュビルタイプではオクターブ調整ビスが
ボディエンド側を向いた状態でそれぞれ1~6弦用の
弦溝が切られている物が殆どです。

大久保