リプレイスメントパーツのススメ!番外「MASTERY BRIDGEサドル実験」

%ef%bc%91

%ef%bc%92

みなさんこんにちは!
今回は少し趣向を変えて番外編となっています。
過去のコラムでもいくつか紹介させて頂いてる
MASTERY BRIDGE」のJG/JM用ブリッジでは、
通常は硬質クロムメッキ処理のサドルしか
ラインナップされていないのですが、
ブラスメッキサドルに交換・実験してみました。

%ef%bc%93
左側:硬質クロムメッキ処理/右側:ブラスメッキ(素材は同様にソリッドブラス)

MASTERY BRIDGEのJG/JM用ブリッジは
大人気のブリッジの一つではありますが、
出音の硬質さやハイファイ感が強いという声も多く、
実際かなりモダンでハッキリとしたサウンドになる傾向があり、
人を選ぶブリッジでもあります。

そこで硬質クロムメッキ処理のサドルでなく
同社のブラスメッキ仕様のサドルを使えば
そういった点が多少落ち着くのでは?と予てより思っていた為、
テレキャスのブラスメッキサドルを分解・移植して試してみました。

%ef%bc%92

硬質クロムメッキ処理と比べると、
MASTERY BRIDGEのピッチの安定感や
良い意味での音像のタイトさ・クリアさは維持したまま、
出音は明らかに暖かみがありヴィンテージ傾向の
高級感のある倍音感と太めなサウンドへとシフトし、
個人的には非常に好みの出音になりました。
耳なじみが良く弾き易さ・聴き易さのあるサウンドだと思います。
外観も異素材同士のコントラストが中々格好良いです。

残念ながら「MASTERY BRIDGE」ブランドに相談した所、
上記仕様のモデルの販売・組上げ、サドル単体での販売は
現状では行う予定は無いとの回答でした。
「MASTERY BRIDGE」としてJG/JMモデルでの
主張したいサウンドにそぐわないという考えや、
硬質クロムメッキ処理には磨耗に強いという
大きなメリットがある為、
基本的にはトレモロユニット対応モデルは
硬質クロムメッキ処理サドルを使用するという方針の様ですね。

現段階では上記仕様を使いたい場合は
複数のブリッジを用意して組み直す必要があり
手間もコストも掛かってしまいますが、
非常に膜厚の薄いメッキ処理一つであっても
大きく違いが出るという点に改めて感嘆する事が出来た
有意義で楽しい実験ではありました。
パーツの交換等の改造は希望のサウンドや状態に近付けたかどうかも
もちろん大切ですし、それが目的ではありますが、
変化を楽しむ・自身の中に情報を蓄積するという事も
同じように大切だと思います。
そういった意味で、様々なご依頼を頂き多様な変化を
目の当たりに出来る我々も楽しみながら日々精進させて頂いております。

今後も機会があればこういったちょっとした既存には無い
組み合わせ・仕様の物も紹介していけたらと思っております。
今後とも、宜しくお願い致します。

大久保