釘打ち

%ef%bc%91

最近バンジョー関連の記事を
めっきり紹介していませんでしたが、
調整や釘打ち作業等々、日々ご依頼頂いております。
ありがとうございます。

使用しているL字の釘はかなり首が
短い物を使用している為、
適正な機能・強度を得るためには
それなりの加工・取付精度が要求されます。
釘の弦と触れ合うの部分の整形、下穴開け、打ち込み、
全ての加工において平行・垂直が正確に出ていないと
機能や強度に支障が出る為、神経を使って作業にあたっています。
また、釘の整形に関しては削る量によっては
打ち込み時や長期的に見た際に曲がってしまう可能性がある為、
最小の加工量で必要な接触面積を平行・垂直に
出す必要がある為、特にシビアに加工・チェックをしています。

一応、毎度お馴染みのStew-macでバンジョー用釘として
L字の首が長い物も販売されており、
これを使えばもう少し楽に機能・強度が得られるじゃないか?と
一度取り寄せもしてみましたが、
コストや安定した量を確保しておく事と、
小さくて済むなら小さい方が邪魔にならなくて良いか…
という考えに落ち着き、当面はこのサイズの釘を
使用していこうと思っています。
大久保