サドル溝

1

交換用として流通している
Tune-O-Maticタイプのブリッジの多くは、
交換後に楽器の状態や仕様に合わせて
サドルの弦溝を切る事が前提となっている為、
購入段階では弦溝が施されていません。

当然、そのまま使用すると
弦が適正な位置に固定されずに
非常に不安定な状態になってしまいます。
上記画像の様に、サドルの中心に溝を施す為の
ガイド用に小さく溝が施されている物もありますが、
前述のようにあくまで切り始める際のガイド用になります。
このまま弦を乗せる為の溝ではない為、
ブリッジ交換後はしっかりと溝切り・調整も行う事で、
楽器のポテンシャルを引き出しましょう。

大久保