テンションバー

ロックナットが採用されている楽器では、
テンションバーも搭載されている場合が多いです。
これにはロックナット部で弦を押さえ込んだ際に、
音程がシャープするのを抑える効果があります。

ヘッド角が浅くテンションバーが無い楽器では、
ロックナット上面と弦の間に隙間がある状態から
弦をロックしなければならない為、
隙間の分弦が押し込まれてしまい、
ファインチューナー側で修正仕切れない程
音程がシャープする場合もあります。
その場合はシャープする事を見越して
ペグ側ではフラット気味にチューニングを行い、
その後ロックし、ファインチューナーで微調整を行います。

大久保