ヘッド裏加工

トラディショナルな仕様の
クルーソンタイプのベース用ペグ等では、
部品を固定するためにカシメている部分の
突起がペグのプレート裏面より
飛び出ている物があります。

無加工で塗装に突起部を喰いこませているだけの
物もありますが、基本的には
突起と接触してしまうヘッド裏の部分は
加工しておかないとプレートが歪曲してしまい
動作が硬くなったり不安定になったりしてしまいます。

この部分の加工形状や方法等は
ブランドや年代によって違いがあります。
別の形状や当店での加工の画像が
ご用意できた際にはまたご紹介させて頂きます。
大久保