Dog Ear

PU交換はサイズや規格の違いで、
素直に交換することが出来ない事が多々有ります。

こちらの写真もそんな中の一つです。
同じP-90タイプへの交換なんですが、
楽器本体のトップのフロント部分はほぼフラット状態で、
元々搭載されていたタイプはそれに合わせて底面がフラットになっています。
新しく載せかえるPUはラウンドしているので、
そのまま取り付けるとポールピースが指板より上になってしまいます。
さすがにこのままでは位置が高くなってしまうので、
今回はカバーの交換もすることに。

同じタイプでも素直に取り付けられない場合もあるんですね。

西山