リプレイスメントパーツのススメ!第60回「STEINBERGER String Adapter STAD 」

みなさんこんにちは!
今回ご紹介させて頂くパーツは、
Steinberger用のアクセサリーパーツである
「String Adapter STAD」です。

ヘッドレスギター・ベースでお馴染みの
Steinbergerでは通常の場合はヘッド側の
パーツに施されたスリット部分に
専用のダブルボールエンド弦の片側を引っ掛けて
弦を張ることになりますが、
他の手持ちのギターで使い慣れた
ブランドやゲージの弦で使用したい!
という方も多いと思います。
そこで、通常の弦も使用出来るようにする為に
製作された機能拡張パーツ(現行品モデル用)になります。
一枚目の画像の物は6弦ギター用ですね。
他にもベース用の物があります。

StringAdapterSTADは
ダブルボールエンドを引っ掛けるパーツの
先端部分に取り付けて使用します。
6つの穴に各弦を通し、上から六角レンチで
締めこめるボルトで弦を挟み込む事で
ヘッド側での弦固定が行えるようになります。

String Adapter STADは取付けるといっても
ネジ止めやパーツの交換を行うわけではなく、
弦の張力で固定されているだけになります。
StringAdapterSTAD・ダブルボールエンド用のパーツ双方に
位置がズレずに引っ掛ける為の凹凸が施されています。
弦を貼る際は突起を引っ掛けながら両端の
1・6弦を最初に貼ると安定して張る事が出来ます。

最後に余った弦を切って完了です。
特別必要な工具・作業も必要無く簡単ですね。
弦の切り残し部分で手等を怪我しないように、
しっかりと根本で切りましょう。

大久保