リプレイスメントパーツのススメ!第61回「Nojak Endpin」

みなさんこんにちは!
今回ご紹介させて頂くパーツは、
SCUD(Stewmac)よりラインナップされている
「Nojak Endpin」です。

こちらはアコースティックギターにおいて、
PUを取り外した後にエンドピンジャック用の
拡張したサイズの穴が空いている部分に、
埋め直し等の加工をせずに取り付けが
可能なエンドピンとなっております。

エンドピン、スクリュー、テーパー付きソケットの
3つの部品で構成されており、
ボディ側にスクリューとソケットを装着し、
外側からのエンドピンを取り付け、
ボルトとエンドピンとで締めこんでいく事で固定されます。

今までの記事でも同様に無加工で
エンドピンジャックサイズの穴に取り付けが
可能なエンドピンをご紹介させて頂いていますが、
差し込むだけの構造の為に固定に不安が残ったり、
ルックスがモダンな物が多かったですが、
こちらのNojak Endpinはボルトでしっかりと固定され、
外観もトラディショナルで多くの楽器に
マッチするのでお勧めです。
エンドピン部分のバリエーションは上記画像の
白いプラスチック製の物と、
今回は用意出来ませんでしたが黒檀の物が
ラインナップされています。

大久保