リプレイスメントパーツのススメ!第62回「STOP-IT Friction Disc Washers」

みなさんこんにちは!
今回はAllPartsのパーツリストを見ていた所、
珍しいパーツを見つけたので
ご紹介させて頂こうと思います。

Allpartsよりラインナップされている、
「STOP-IT Friction Disc  Washers」です。
こちらのパーツはピックガードや
コントロールプレートとノブの間に挟みこむ事で、
ポット・コントロールノブのトルクを重く修正してくれる
ワッシャーになります。
(CTS等のインチサイズ・3/8インチナット用・4枚入り)

トルクを軽くしたい場合、
以前のコラム等でご紹介してきたような
作業やパーツ交換を経て対応します。
一般的に楽器用として流通しており、
トルクが重い部類であるCustomCTS系の
ポット等よりもさらにトルクを重く、動き辛くしたい場合は、
上記リンクの様にグリスを抜く・緩くするという作業の逆で、
内部のグリスを更に粘度の高い物へと変更する…
という手段で重くする事は出来ますが
個人で行うには意外と手間も掛かり大変ですし、
日々のメンテナンス等で接点復活剤等を
使用しているとまた緩くなってきたりしまいます。

そこで、こちらのワッシャーを使用すると、
対応しているノブや楽器構造は限られますが、
ワンタッチの取付けのみでトルクの調整が可能です。

CTS等で使用されている3/8インチサイズの
6角ナット用のスリットが施されており、
ただはめ込むだけで取り付けが可能です。
仕組みとしては簡単で、
ノブ底面とワッシャーとの摩擦でトルクを
重くする構造となっています。

使用感としては、
正直取り付ける前までは硬すぎたり
摩擦が強すぎて回し辛くなるのでは、
と予想していましたがそのような事は無く、
言葉で説明するのが難しいですが
トルクが重くなる感覚よりもクッ、必要な位置で
止まっていてくれるような回し心地で、
ストラトの様に弦からコントロールの距離が近く
10にしていたのに気づいたら動いてしまっていた、
という事が多い人は中々の安心感を得られると思います。

ワッシャーのサイズは外周が直径約25mm、
ノブと触れ合う部分の厚みが約1.4mm、
6角周り部分の厚みが約2.4mmとなっております。

つまり、適切な摩擦・効果を得る為には
・PGやプレート等の平面の物に対して取り付ける事
・PG・プレート面からノブ底面の隙間が1.4mm以下
・ノブ内側の中央部が2.4mm以上の隙間がある

上記の様な事が必要になり、
それを満たすとなると、明記されているわけでは無いですが
実質ストラト用パーツ、といった所でしょうか。

ストラトは特にピッキングエリアとボリュームノブの距離が近い為、
トルクを重くしたいとご要望頂く場合は殆どが、
ボリューム奏法等を使用しないストラトユーザーの方でしたね。
また、他にも試してみる事が出来た限りでは、
標準的に搭載されているノブと楽器の組み合わせのままの場合、
ジャズベースでも効果が得られました。

ボリューム等のトルクを少しだけ重くしたい場合や、
動き辛くしたいけどポット自体の交換まではちょっと…という方は、
簡単に取り付けられますので検討してみては如何でしょうか。
それでは、次回はまた来年…宜しくお願い致します!

大久保