リプレイスメントパーツのススメ!64回「Neck Joint Plate Cushion」

みなさんこんにちは!
今回ご紹介させて頂くパーツは、
AllPartsやMontreuxからラインナップされている、
「Neck Joint Plate Cushion」です。

ボディとネックジョイントプレートとの
間に挟み込み使用する樹脂製のプレートで、
ネックジョイント周りの塗装・木部の保護効果や、
経年等によりプレートやボディの形状・平面が
崩れてしまってお互いが上手く接地されていない状態を
補正もしてくれるパーツになります。

ブランドにもよりますが、
極薄塗装やオイルフィニッシュの楽器等では
標準搭載されている物も多いですね。

フチの部分を除いた厚みは約1mmとなっております。
サウンドの変化については楽器自体の個体差や
ジョイントビスの締め具合の兼ね合いもある為
比較は困難ですが、
木部・プレート間の平面が適正かつ、
プレートのみでガッチリ締め込んである物と比べると
「Neck Joint Plate Cushion」を
取り付けている方がアタックの立ち上がりや音色は
やや柔らかくなる傾向はあるかもしれませんね。

塗装が薄いものや直接木部に負荷が
掛かりやすい構造の楽器をお持ちで、
本体の凹みや歪み・損耗を抑えたい方は
検討してみては如何でしょうか。

大久保