面取り

木材や塗装の損傷等を避ける為に、
下穴・塗装面には面取りが施されています。
多くの物は皿切り・すり鉢状の面取りですが、
上記画像の様に割れやすい素材の薄板等の部分では、
割れやネジに引っ張られて剥離してしまう事を避ける為、
ビス・ネジ山と一切触れ合わないように
薄板部・接触個所を落とし込んで切除している物もあります。

当工房でもケースバイケースではありますが
ストラップピンをヒール部に取り付ける際には
ヒールキャップ部にはビスが触れないように
同様の加工方式を採る場合が多いです。

ちなみに、過去にかなりの塗膜厚の楽器にも関わらず、
なぜか一切の下穴・塗装面の面取りが施されないままに
組込みが完了されてしまった楽器を見た事があります…
当然ピックガードやコンパネの下では
塗装面がバキバキの凄惨な光景が広がっており、
思わず目が点になりました…

大久保