ノンワイヤーABR-1②

以前にも紹介したワイヤー無し仕様のABR-1ブリッジです。
このタイプの場合はテンション不足による共振や、
弦が切れた際のサドル落下を極力抑える為に、
サドルやビスが窪みに対してややキツめになる様に
設計されています。
それゆえに、サドルが窪みに対してしっかりと
はまり切らずに浮き上がった状態に
なってしまっている物も時折見かけます。

適正な位置までサドルがはまっていない場合、
弦高にバラつきが出たり弦振動が不安定になるといった
不具合が発生してしまいます。
オクターブ調整の後は特に浮き上がり易い物が多いです。
調整後はしっかりと窪みに納まった状態となる様に、
サドル類を傷つけない材質の物で軽く押しこむと良いでしょう。


大久保