曲がる

TUSQ材はベルトサンダー等の機械で加工すると、
写真の様に曲がってきてしまいます。
ある一定の熱量が加わると曲がってしまうので、
ある程度機械で切り出した後は、
熱が入らないように手でゆっくりと削っていきます。

こちらははストラトタイプのナット用になりますので、
後2mm程削って厚みを調整すれば丁度よさそうですね。
切削性もいいので加工しやすいのですが、
やはり牛骨に比べると作業時間は長めですかね。

西山