台座

アーチトップは個体によって若干のアールの違いが出てくるため、
台座もそれに合わせて加工する必要が出てきます。

今回は台座のアールが少し大きいようですね。
ボディーにヤスリを貼り丹念に削っていくと完成なのですが・・・。

スケール位置からずれたところで作業をすると、
アールが変わってしまうため常に確認しながら根気のいる作業となります。
じっくりじっくりと

西山