Pure Tone

今回紹介するのは「Pure Tone」というブランドのジャックです。

一般的に使用されているSWTCH CRAFT製のジャックの場合、
プラグのチップに接触する端子は一点しかありません。
また、アースを繋ぐ端子にいたってはジャックの
スリーブ(筒の部分)を介しているので、
プラグを挿す度に端子が磨かれるというものではないんですよね。

この「Pure Tone」のジャックはチップ部にもスリーブ部にも
それぞれ2点のプラグの形状にあわせたアールがつけられており、
接地面積を飛躍的に向上させているんですよね。

スリーブの長さも標準でSWTCH CRAFT製のロングスリーブの
ものと同じ長さになっているので、(写真右)
木部に取り付けられているジャックのリプレイスメントにも
しっかりと対応してくれます。
額田