SAMURAI ATTACK! その後

今回は2013年の3月にコラムでご紹介した
PUNKバンドSAのNAOKIさんのギターのその後です。

前回リフレットをしてから6年経つのですが、
経年による痛みはさらに進んで、
更に良い風合いを醸し出しております。

ボディートップの削れはかなり広がってきましたし、

ボディーバックの天然ウエストカット(笑)も
かなり大きく深くなってきました。

前回、打ちかえたフレットも
6年間の幾多のライブ、レコーディングによって、
相当減ってきましたね・・・。

1フレット付近

10フレット付近

最終フレット付近

ピッキングによる指板サイドスキャロップも
こんなにえぐれてきています。

今回もご依頼いただいた内容はリフレットです。
Jescar#47104という前回のDiMarzio 1600Uと
ほぼ同形状のフレットを打っています。

ここまで指板サイドがえぐれていると、
リフレットの際にチップし易くなるのですが、
綺麗に残すことができました。

 

額田