デルリンナット

Gibson LPのリフレットです。
’54仕様のモデルというのもなかなか久しぶりでしたが、
デルリンナットを削るというのも久しぶりでした。

牛骨の切削や溝切がサクサクと削れるのに対して、
デルリンの場合はねっとりとつぶし切る
みたいな感じで削れていくのと、
樹脂系の素材特有の熱を持つと変形するという
特性があるので、どちらかというと加工はしにくいです。

しかし、白の半透明の見た目と、
牛骨のぱぁ~んとはじけるような音質とは
一味違った音色が得られるので、
根強い人気があるんですよね・・・。

額田

—————————————————————-

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html