情報

リフレットの指板すり合わせの途中です。

12フレット~15フレット付近まで、色が濃くなっていますよね?
この部分はまだすり合わさっていない部分です。

これがいわゆる「ハイはね」とか「ハイ起き」と言われていものですね。
楽器の構造上、どうしてもジョイントの手前付近に負荷がかかって、
経年で起き上がってしまう・・・。

トラスロッドを回しても、この部分を持ち上げてあげることはできないので、
フレットのすり合わせで対応できない場合は、
リフレットを伴う、指板の修正での対応になります。

スケール等を当てて、目視してもわかりにくい情報は
すり合わせの工程でよくわかります。

額田

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html