ステンレスフレット

ここ1~2年でリフレットにおける
ステンレスフレットの割合がかなり増えてきまして、
今では約半分ぐらいになるでしょうか?

酸化しにくく、いつまでも綺麗な状態で維持できて、減りにくい!
そして、滑りがよいので、チョーキングも楽にできます!

・・・とプレイヤーの皆さんにとっては出音や立ち上がり、
タッチ感の好き嫌いはあるものの、
コストパフォーマンスは非常に高いですよね?

実際に打ち換えをする私としては・・・
応力・弾性はニッケルに比べると、若干弱いような気がするので、
打ち込むという作業自体はやりやすいかもしれません。
しかし、表面の硬度が高いので、すり合わせ後の研磨やサイドエッジ処理は
ニッケルと同じような鏡面に持っていくまでに
1.5倍から2倍くらいの時間がかかるんですよね・・・。

仕上げて綺麗に見えるフレットでも、拡大鏡やスマホのカメラで見ると、
かなり細かな傷がついていることがあるのですが、

カメラをズームを最大にして、これくらい綺麗になっていれば、良いと思います!

 

額田

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html