PU高さ調整

前回のオクターブの調整が完了したら残すところピックアップの高さ調整です。

弦高調整にて大きく弦高を上げ下げした場合、
ピックアップと弦の距離も変わっているので音量や音色に変化があります。
特に今までのセッティングの中でも、ピックアップの高さが一番音に影響します。
その割にはセッティングの仕方は一番簡単で楽にできますのでトライしてみましょう!


ピックアップの調節ネジをドライバーで回すだけでピックアップが上下してくれます。

ピックアップを弦に近づけると出力は大きくパワフルなサウンドになります。
ピックアップを弦から遠ざけると出力は小さく細いサウンドになります。


極端に調節ネジを回しすぎるのも良くありません。
とても低くセッティングしようとすると調節ネジからピックアップが落ちてしまい、取り付け直すハメになります。
ピックガードやエスカッションよりピックアップを下げるのはやめておきましょう。

高くセッティングしすぎると、弦を押さえた時にポールピースに弦が当たってしまったり
シングルコイルなどは弦が近すぎるとポールピースが磁石なので磁力によって弦振動が阻害されてしまい
サスティーンが低下したり実音にうねりが出たりします。
高さを確認するときは、最終フレットを押さえてポールピースとの距離を見ましょう。


また、ジャズマスターやジャズベースなどの4本のビスで固定されているピックアップは
左右に傾きすぎていないかチェックしましょう。
傾くことによって音の拾い方も変わってきます。


例えば、ストラトキャスターではリアピックアップは3つのピックアップの中でも一番ブリッジに近く
弦の振幅する幅が狭いので音を拾いにくいです。
逆にフロントは弦の振幅する幅が広いので音が拾いやすいです。
実際にバランスよくセッティングをするとフロントピックアップからリアピックアップにかけて
高さが段階的に上がるセッティングになります。
リアピックアップの音量を最初に決めて、基準としてセンターとフロントを決めるとバランスは取りやすいです。

ですが、自分が多用するピックアップで一番いい音が鳴らないと残念ですので
例外として多用するピックアップを音の好みに高さを合わせてから
別のピックアップの高さを決めてもいいと思います。

実際にアンプで音を出してチェックしながら調整しましょう。

最終的な高さは好みやジャンルによって人それぞれになりますので
実音に支障が無ければ正解・不正解は特に無いと思います。

山岡

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html