マイナスネジ

現在はほとんどの楽器に、
プラスネジ(十字ネジ)が使用されていますが、
古くはマイナスネジを使用していたこともあり、
雰囲気を出すために、
あえてマイナスネジに交換している楽器を見かけます。

少し話は変わりますが、
プラスネジが開発されたのが1935年頃、
50年代になって日本にも入ってきたそうです。

初めて日本に持ち込んだのが本田宗一郎氏とも言われております。
モノ作りのパイオニアは、
常に時代の先を行っていたという事なのでしょう。

西山

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html