舟形ジャックプレートの取り付け向き

ジャックは、菊ワッシャーが無いとナットが勝手に外れてしまったりします。

外れてしまった際に、ジャックを固定せずに表からナットを締めていくと
中で空転してしまい断線の恐れがあります。
必ずドライバーなどでプレートを外してから
ジャックを手で固定しつつナットを工具で締めて取り付けましょう。


LPプレートや猫目ジャックなどは簡易的に取り付けられますが
舟形ジャックプレートではジャックの配線端子をジャックプレート側に
向くように取り付けなければいけません。
シールドプラグのチップが当たる接触端子がボディ材に当たってしまい
プラグを奥まで差し込めなかったりします。


また、ストラトキャスターではボディ側面に接触端子の空間を確保するような加工が施されている場合もあります。
アクティブ回路を組み込まれることを予想してあらかじめ加工されているのではないでしょうか?

山岡

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html