FU-TONE Titanium Saddle Insert

今回オススメしたいパーツは「FU-TONE Titanium Saddle Insert」です!

フロイドローズブリッジが搭載されたギターを長く使用していると
弦をロックするインサートブロックが割れてしまったり、
膨張してブロックがサドルから抜けないという症状が多く見られます。
オリジナルの素材はスチールで硬いとは思いますが、
弦をスクリューで留めるという構造上、経年変化には耐えられないようです。


金属パーツでは見ない色ですね!
他にも赤や青、全6色あります。
このサドルの素材はチタンです。

チタンは耐食性・強度・耐衝撃強度がとても強く
飛行機やロケット、建造物に使われているそうです。
このパーツにはあまり関係の無いかもしれないですが、、
電気と熱を通しにくく自動車のエンジンバルブやオートバイのマフラーにも使われていたり、
非磁性で磁力の影響を受けにくい性質を持っており、リニアモーターカーや
病院の精密検査で使われるMRIでも使用されたりもするそうです。
さらに、生体適合性に優れているらしく金属アレルギーが出にくく
アクセサリーやインプラントやペースメーカーなどに使われているそうです。

幅広く色々なところに使われる応用力が高い金属ですね。
チタンの特徴として「強固なのに他の金属と比べて軽い」と言えます。

FU-TONEでは「チタン製といって多くみられるのは40,000Psi(引張強度)
しかし、FU-TONEはその3倍以上140,000Psi(引張強度)
という高い品質のチタンを採用しています」と述べられています。
実際にどのくらい強度が違うのかは長年使って比べてみないと
分からない部分ではあると思いますが多くのアーティストに高い評価を受けています。

他にもストリングロックスクリューやサドルロックスクリュー、ロックナット、
スタッドなどフロイドローズのパーツを取り扱っています。
好きな色でカスタムしてみてはいかがでしょうか!

山岡

—————————————————————–

WSR(リペア&カスタム工房)

熟練の職人技と信念を持つチーフリペアマン・額田誠が率いる、渋谷に居を構える楽器のリペア&カスタム工房です。
ギター・ベースの調整、パーツ交換、リペア、改造など幅広いオーダーに対応します。

Web : https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/wsr/index.html