WSRより”もっと”愛を込めて #41「ネック折れのボリュート付き補強」

巷ではゴールデンウイークに突入しましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
さて、今回は「ネック折れ修理のボリュート付き補強」の作業工程をご紹介します。

ネック折れの修理では、その折れ方によって補強材を入れるのが有効な方法です。
しかし、補強のあて木を元のネックやヘッドシェイプと同じように作成すると、
トラスロッドやそのアジャスト部の深さや大きさによって充分な強度が保てない場合があります。
その場合はボリュートを付けて、あて木の強度を高めて上げた方が良いと思います。

まあ、見た目は大分変わってしまうんですけどね・・・。

さあ、いってみましょう!

1

パックリと割れてしまっています・・・。
見たところ、接着面積は結構小さくなってしまいそうです。
この割れ方と接着面積というのが、接着のみで直した時の強度に大きく関わってきます。
今回は過去に数回、折れているネックなので、補強を入れます。

2_2

まずはいつも通り、接着します。

4

あて木を接着する為にヘッド部・ネック部を加工します。
掘り方として、ラウンドに掘るのが一般的だと思いますが、
「精度」という意味ではこんな感じで直線的に2つの面を作るように削った方があて木の加工が容易ですし、
接着の際に滑ってずれてしまう事がほぼ無い(滑ったとしても、2つの面の角の方に滑るので好都合)ので、
最近ではこのように削る事が多いです。

面と面が接する一番深く削ってあるところはトラスロッドナットのワッシャーがある辺りに
設定してあります。
一番深く削るところ=一番補強材が厚くなるところというわけです。

3

別の角度から見ると、こんな感じです。

折れてしまっている断面が良くわかりますね。
「Custom Shop」のデカールが削ったところから出てきたので、
過去の修復でオーバーコートをしているのが良くわかります。

5

あて木の加工です。
ネックの削ったところにチョークの粉を付けて、新たに取り付けるあて木を押し当てて、
写真の様にべったりチョークが付けば、ぴったりと隙間無く加工がなされてる証拠になります。
この工程がしっかりとなされていないと、取り付けたあて木は補強にはならないですよね・・・。

6

あて木の接着です。
クランプで固定しやすいようにあて木の上面を加工してから行います。

7

接着されたあて木です。
やたらと分厚く見えますが、あまり薄くしてしまうと、クランプで押さえた時に変形してしまうので、
この位の厚さは必要なんですね・・・。

この状態で、あて木を持ってギターを振り回しても、外れてしまうことは無いですし、
折れてしまう事もないですよ(笑)。

8

ベルトサンダーで厚みを整える前に、大体のボリュートの形を罫書きます。
ボリュートの頂点はやはり、トラスロッドナットのワッシャーがある辺りですね。

9

ベルトサンダーで厚みの整形が完了したところです。
可能な限り歪み無く、ギリギリまで削れるか・・・?
というのが、この後の作業の時間に大きく関わってきます。

10

鋭利な小刀を使って、全体の形を整形していきます。
ココで使う小刀は曲面のカットがメインの作業になるので、
なるべく刃先が細く、尖っているものの方が使いやすいですね。

11

小刀一本で出来るのはここまででしょうか・・・。

12

後はペーパーで形を整形していきます。
ヘッド面・ヘッドからネックのくびれ、ネックシェイプのラインを崩さないように、
違和感無く形を仕上げていきます。

13

別の角度から。
綺麗な曲線が出ているのが判りますかね・・・?

14

元々の白がかなり黄ばんだ感じになっているので、同じように黄ばんだ感じの着色をして、
クリヤーを吹いています。
塗装に関しては12の状態から下地を吹いて生地の凹凸をなくして、新しく着色をしていきます。
補強材をつぶしつつ、その周りを広範囲にぼかしていくような感じでしょうか?
よって、元々の塗装はほとんど剥がさずに行っています。

いかがでしょうか?