HJG-66 Ⅰ

Hjg66

HJG-66 Ⅰ 製作時期1995~

当時、何故か「ジャガーにハムバッカーをつけてくれ」という改造がとにかく多くて、
いったいどういう事なんだろうと思っていました・・・。
こんなに人気がある改造ならば、最初から作ってしまおう!というのが、
昨年まで販売していたHJGシリーズの始まりです。

始めた頃はそのバンドの存在も全く知らなかったですし、
どんな仕様の楽器かも全く判りませんでした・・・。

バンドの露出や楽器自体の露出が増える事によって、
HJGのシリーズもⅠ~Ⅵまでのバリエーションを持たせたり、
途中でラッカー仕様のものを作ったりしたんですよね。

写真はHJGシリーズを始めた当時のもので、3色のバリエーションを持たせていました。
当時のFender Japanの3TSのカラーは現在のものとはちがいますよね・・・。

HJGシリーズはⅠ~Ⅲまで全てWSRにてその加工を行っていました。
その数はⅣが発売される98年までの2年半の間に
100本以上という驚異的なセールスでした・・・。

額田