ダボ

Img_0166

コチラのネック折れは3ヶ所のダボで補強がしてありました。

しかし、元のネック材の繊維を切断する方向での補強は
かえって、強度を下げてしまうと思うんですよね・・・。

過去数度のネック折れで無くなっている材もあり、
折れている部分の接着強度は殆ど上がらないと考えられます・・・。
よって、今回もボリュート付きの補強となりました。

Img_0327

ネック折れの修理の場合は見た目よりも、
「折れない」という強度の方が重要ですよね・・・。

額田